勃起不全治療のジェネリック医薬品は大阪のクリニックで

勃起不全に効くED治療のジェネリック医薬品は、大阪のクリニックで処方を受けられます。
現在、日本でジェネリックとして認可されているのはバイアグラのみです。
レビトラとシアリスについては、まだ特許が残っているのでジェネリックの販売はできません。
バイアグラのジェネリック医薬品の価格は、1錠あたり1,000円~1,200円くらいです。
先発薬のバイアグラの場合は1,500円が相場なので、1錠あたり300円~500円くらい安くなっています。
効き目に関しては同じ有効成分なので基本的に変わりませんが、バイアグラとは異なると感じる方もいます。
こうしたケースは錯覚的な問題であることが多いですが、製造工程が異なることで作用に若干の影響が出てくる可能性はあります。
ただし、ほとんどの方は同じ効果を期待できるので、ジェネリック医薬品という理由で敬遠するのは損です。

大阪で勃起不全の薬の処方を受ける場合、すべて健康保険の適用外となります。
保険適用となるクリニックを探している方もいるでしょうが、勃起不全は病気とは判断されていないのです。
治療の優先順位としては、胃痛や腹痛、風邪などよりも低いのです。
実際にこれらの症状の治療に関しては保険適用となるでしょう。

大阪で安くジェネリック医薬品を入手するなら、個人輸入を利用するのも手です。
ドラッグストアや一般の通販サイトでは、勃起不全の薬は販売していません。
取り扱いしているのは精力剤だけです。
個人輸入は個人の責任において海外から薬を取り寄せるシステムで、特許期間の残っているレビトラやシアリスのジェネリック医薬品を購入することもできます。
インド製のジェネリック医薬品に関しては、特許が残っていても製造・販売が許されているのです。